ホーム » 『百聞』でやりたいこと – 基本は記事を読んでいただくこと

『百聞』でやりたいこと – 基本は記事を読んでいただくこと

by MOMO

さて、たった今、インストールが終わり最初の記事をHello world!を編集して書いてます。WordPressを始める前に実は、数年前に購入したMac Proをクリーンインストールし直して(初期化ね)そっちも使いやすいツールにしながら進めていってます。まだまだ現役で活躍できるスペックのはずなのでね。
このタイミングで、この際またATOKを使ってみようかなと今は30日間のお試しをしている途中ですが…過去使用してたときの辞書とかは保存してなかったので、まだまだ気が利きません… 『Nginx』『WordPress』も一発で変換できなかったし、Mac標準のApple日本語IMのほうがまだ変換は気が利いてます。それにMac版のお試しだと広辞苑は使えないのかな。まぁ、日本語変換しながら辞書を使うかどうかはさておいて、サブスク課金しかなくなったATOKの価値を試すにはそこも物足りないところ。

…まぁ横道にそれましたね…

本当に書きたいことは諸々興味の尽きないことを気ままに

基本的にWordPressやDrupalやサーバーや…と自分の研究ジャンルのことを書くこともありますが、それ以上に書きたいと思ってるのは興味が尽きない宇宙の話や科学の話、そして人類の歴史の話や映画や絵画とつきない興味のあることの話を書いていきたくてBlog立ち上げようと思ったんです。

コロナ禍でSNSでつぶやいたりしてましたけど、それより自分のところでもっと気兼ねなくやりたい…
なので華美な装飾のあるサイトも作る必要ないし、拘ることもそれほどはないはず…
なのに始めることに決めたらやっぱり土台のサーバーから何にしようかと考えちゃう。なので書きたいことを書き始める前に公開までの道のりを残しながら始まりました。

なのでそのあたりの備忘録でもあります。

運用WebサーバーはDebian上のNginxです

Nginx
Nginx 画像をクリックするとNginxのサイトに飛びます。

現在、WebサーバーはWordPressと相性がいいとされているNginxにて運用開始しました。
専用サーバーに仮想化で作ったVMに入れたLinuxディストリビューションのDebian10 [buster] に乗っかってます。既にDebianは次のバージョン11 [Bullseye] がリリースされていますね。実はサーバ管理パネルをVirtualminを使うのでこれがまだ[Bullseye]に対応していないがために[buster]からスタートして、後にアップグレードさせようと考えてます。

今回このOSのインストールから始めたのでやることがいっぱいで…言い訳に聞こえると思うけどまだそこまでは対応しきれていません。まぁ、もともとGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)なども入れない最小限構成なので、Debianのアップグレードはおいおいでいいと思います。WordPressやDrupalを動かすPHPとデータベース周りを、このデフォルトインストールでは足りない部分をしっかり先にリポジトリを追加して補うことにします。

  • PHPは8.1
  • MariaDB データベースは10.5

2022年5月の現在でこんな感じにしてます。

Virtualminでバーチャルホスト化した 『百聞』

サーバ管理のVirtualminはPleskやcPanelと同じブラウザから利用できるサーバ管理ツールです。もちろんサーバーは自宅に置いてはいないのでブラウザからアクセスできるのはやっぱり便利なんです。ターミナルと併用しながらですけど、このVirtualminとももう既に15年くらいのお付き合いです。

 

このVirtualminは15年前にPro版を買い切り購入したので永遠に使えると思ってたら、どうやらサブスク式に代わって対価計算されたようですね… 使用期限が表示されるようになちゃいました。もちろん連絡が来たのかもしれませんけど…見過ごしてたわね。まぁ、昨今そういう事情は世の常なのであんまり腹も立てませんけど…

さて、このProバージョンはボタン一つで様々なWeb Scriptをインストールしてくれるんです。WordPressは無償版でもOK。DrupalやTIPO3などのCMSなどもNode.jsも一発。でも今回はその便利さを使いません。

インストール時は接頭辞をオリジナルのものに変更しましょう

自動でインストールしてしまうとWordPressの仕様でデフォルトの”wp_”をオリジナルのまま付けてインストールしてしまうので、それを避けるために日本語WordPressをSSHしてインストールしました。
これ、セキュリティー対策にと言われることもありますけど… そういうハッキングにあったことは正直ありません。そもそもSSH用のポートも変更するしその上秘密キーにパスフレーズ付きとガチガチにセキュリティーは固めたいたちなんですけどね、それでもここもできることはすべてやっといたほうがよくない? 的発想かな。
もちろん自動インストール後にPhpMyAdminから接頭辞の変更も可能ですよ。ただ、面倒は10倍になっちゃいます。私のように臆病な人は今からでもこの簡単なタクスはやっておく方がいいでしょうね。間違いなく一手間をかけるように皆さんにお勧めします。

インストール後にユーザ設定でニックネームを追加

そのほかは、もう皆さん解っていると思うけどログインIDと投稿のニックネームは完全別なものに分けること。
もちろんこの後、ログインURLも隠します。これもサーバへのアクセスポートを変更するのと同じような意味で私の「百聞」を守ることになります。

しかし…久しぶりにWordPress入力のエディタを使って書いたけど…使い辛いですね…
このエディターもなんか他のを使ってみたいかな。

次回はWordPress側でできる最初のセキュリティー対策について書こうかな。